忍者ブログ
大学を2度中退した脱落者が放送大学の名誉学生を目指す物語          2013年9月 社会と産業コース卒業          2015年9月 生活と福祉コース卒業          2017年9月 人間と文化コース卒業
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

 
平成27年度第1学期の印刷教材が届いた。例年、入金日から印刷教材の到着まで2週間程度を要するのだが、今回は1週間で到着した。今回だけのことか、恒常的に印刷教材のスピードアップ化が図られたのかは不明だが、印刷教材が1日でも早く届けば、学習期間が長くなるので有り難い。システムWAKABAで確認すると、3月16日付で発送済となっているにもかかわらず、当日中に京都で配達されるとは驚きである。

 今回は、共通科目の「博物館概論」を履修したため、久しぶりにグリーンカラーの印刷教材を手にした。専門科目よりも印刷教材が分厚いのが気になるところ。持ち込み可能であるが、試験時間中に印刷教材を検索していては時間切れになりそうな予感がする。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

PR
 平成27年度第1学期の「科目登録決定通知書」が届いた。もっとも、ほとんどの放送大学の学生は、「科目登録決定通知書」よりも、払込取扱票に注意が向けられるであろう。放送大学では、毎学期ごとに、「科目登録決定通知書」に添付されている払込取扱票で学費の支払い手続きを求められる。これも放送大学の合理化が遅れている点であり、多くの学生が継続的に履修をしているのであるから、口座振替制度を導入してもよさそうなのであるが、毎学期ごとに支払いの手続きを求めてくる。おそらく、口座振替を行うと、残高不足の学生が出てきたり、口座番号を間違えて登録する学生が出てくるので嫌っているのではないかと思うが、毎回金融機関に支払いに行くのは煩わしいことこの上ない。

 現在の住まいは、近所にコンビニエンスストアもないところだったので、土曜日も稼働しているATMのある郵便局まで足を延ばしては、学費を振り込んでいた。最近になって、コンビニエンスストアが立て続けにオープンしたものの、手数料も高いので、学費の支払いには、もっぱらインターネットバンキングを利用している。放送大学の学費の支払先は毎回同じ口座を指定されるので、あらかじめ口座番号を登録しておけば、わざわざ振込先口座を入力する必要もなく、金額さえ間違えずに入力すればまったく問題がない。最初は、整理番号も入力しなければならないのではないかと思っていたが、振込取扱票には「氏名のみ打電してください」というメッセージとともに自分の氏名がカタカナで記されている。つまり、振込人の名義さえあれば、問題ないということである。同姓同名の学生が同一の金額を振り込むケースも想定されるが、そのような場合には、学生を識別する記号が別途付されるのではないかと推測する。今のところ、そのような指示が記された払込取扱票にはお目に掛っていない。

 インターネットバンキングで支払いを済ませたものの、振込手続きが実行されるのは、週明けの3月9日になってしまう。印刷教材は、学費の振り込まれた順序で発送されているので、この週末にゆうちょ銀行のATMやコンビニエンスストアで支払いを済ませた学生よりも後回しにされることになりそうだ。

 通信大学生ブログランキング

拍手[1回]

 平成26年度第2学期の単位認定試験の追い込み時期であるが、早くも次学期の授業科目案内が送付されてきた。毎度のことながら、試験が終了してから送付してもらえれば、落ち着いて履修計画と立てられるのに、このタイミングでシラバスを送り付けられても、ゆっくり眺める余裕はない。特に今学期は履修登録した8科目中2科目しか印刷教材を読み終えていない状況なのだ。

 もっとも、インターネット上では、新学期の学生募集開始のタイミングで公開されているので、概ねの情報は仕入れてしまっているのだが・・・。


 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 2014年度第2学期単位認定試験の受験票が届いた。第1学期は試験会場がバラバラであったが、今回はすべてキャンパスプラザ京都5階の第1講義室に統一されているので覚えやすい。

 2015年度第1学期が終了した時点で、再入学後2年となるため、生活と福祉コースの専門科目の単位を30単位揃えれば、めでたく今年の9月には、2回目の放送大学卒業となる。できれば、余裕をもって卒業を決めておきたかったので、今回は、放送大学に入学して初めて平日の試験科目を履修した。試験勉強もさることながら、仕事を休む段取りもしっかり準備しておかないと、単位認定試験の受験を断念することにもなりかねない。今回は余計な心労が増えてしまった。


 通信大学生ブログランキング

拍手[1回]

 帰宅すると、宅配ボックスに残りの印刷教材が無事に届いていた。これで2学期に履修登録した8科目の印刷教材がそろったことになる。通信指導問題を確認したが、すべて択一式なので、キャンパスネットワークのホームページからの提出が可能だ。これほど早く学習体制が整ったのは、初めてのことではないかと思う。毎学期ごとに私のように不平不満をもらす学生がいるので、放送大学も頑張って対処してくれたのであろう。素直に感謝して、さっそく学習に取りかかることにする。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 システムWAKABAの「教材・通信指導問題発送依頼情報照会」を確認すると「作業中」の表示が本日付で「発送済」に切り替わった。今週末までには届くかなと思っていたところ、帰宅すると宅配ボックスに既に印刷教材の一部が届いていた。宅配便でも、本日発送して本日到着することはあり得ないから、実際には先週末に発送していたのであろう。

 仕事が早いのは好ましいことだが、システムWAKABAの情報は信用ならないことになる。せめて、実際に発送した日付を入力すればよさそうなものだが、あくまで発送日は9月16日となっている。もっとも、届いた教材は2個口の1個分だけで、「リスク社会のライフデザイン(’14)」と「メディアと学校教育(’13)」の2冊のみで、残る6冊は行方不明だ。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 放送大学から平成26年度第2学期科目登録決定通知書が届いた。9月5日付の発送となっているが、京都に届いたのは9月8日である。科目登録決定通知書と称しているが、要は金融機関やコンビニエンスストアで使える払込取扱票と一体となった請求書である。今学期も8科目を登録したので請求額は88,000円となっている。

 手続きミスを防ぐためか、放送大学では払込取扱票を使って授業料を支払うように指示しているが、生活と福祉コースに再入学してからは手数料を節約するためにインターネットバンキングを利用している。過去、2回試してみたが、いずれも問題なく受付され、2日後にはシステムWAKABAの入金情報に反映された。最初は学生番号を打電しなければいけないのではないかと心配したが、払込取扱票のご依頼人住所氏名欄には「氏名のみ打電してください」とあり、カタカナの名義で振り込めば問題がないようだ。同姓同名がいたらと心配する声もあるが、氏名と授業料までが同じパターンは少ないだろうし、その場合には氏名のほかに学籍番号か整理記号を打電するように指示が入るのであろう。

 放送大学の授業料は、早く支払えば印刷教材がそれだけ早く手元に届くシステム。支払いを先延ばしするメリットもないので、科目登録通知書が届いたら速やかに支払うことに越したことはない。今回も9月12日までに振り込めば、9月末日までに印刷教材が届くと記載されおり、例年のタイミングであれば、9月25日前後には印刷教材が届くであろう。テレビ授業科目は、印刷教材なしでも問題ないが、ラジオ授業科目は、印刷教材がないとさっぱり内容が頭に入らない。視覚が活用されない影響もあるのだろうが、そろそろすべての科目をテレビ授業科目とすることも検討して欲しいところだ。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 気が付けば、平成26年度第2学期の履修登録期間が迫っている。第2学期からは、放送大学で2度目の4年生である。生活と福祉コースの卒業要件を満たすためには、残り2科目4単位の専門科目の履修が必要である。平成26年度第2学期も、1月25日(日)、1月31日(土)、2月1日(日)と週末に3日間の試験日程が確保されている。未履修科目でこの3日間に試験が予定されているのは、「新しい住宅の世界(’13)」、「感染症と生体防御(’14)」、「災害看護学・国際看護学(’14)」、「障がいのある生活を支援する(’13)」、「社会保険の現代的課題(’12)」の5科目である。

 どうせ履修するのであれば、科目群履修認証制度である「放送大学エキスパート」の認証科目が望ましいと考え、認証取得の手引きを参照してみると、残り2科目の生活と福祉コースの枠をうまく活用すれば、既に認証要件を満たしている「福祉コーディネータ」と「市民政策論」に加えて、「社会企画士」、「次世代育成支援」、「地域貢献リーダー人材」の3つの認証が取得できることが判明。そのために履修が必要な科目は、「障がいのある生活を支援する(’13)」と「リスク社会のライフデザイン(’14)」である。「リスク社会のライフデザイン(’14)」の試験日程は、1月28日(水)1時限であるが、試験会場と職場が近いこともあり、2時間程度の遅刻で受験が可能である。現在の職場は3年目で仕事の段取りにも慣れてきたので、多少の遅刻をしても業務に支障と来すことはない。来学期に見送って、「リスク社会のライフデザイン(’14)」が週末に設定されないか様子を見る方法もあるが、そろそろ4月の人事異動の対象になってもおかしくない。新しい職場に異動になってしまっては、簡単に仕事を休むこともできないので、見送った結果、平成27年度第1学期の試験日程が平日になってしまったら、「リスク社会のライフデザイン(’14)」を履修できなくなってしまう。そんな理由で、初めて、平日の試験科目を履修登録することにした。

 生活と福祉コースの履修科目が決定したので、残りは週末に試験日程のある科目のうち、平均点が高い科目を拾っていこうと考えたが、「放送大学エキスパート」の認証が気になったので、認証対象科目を中心に検討をすると、「次世代育成支援」があと2科目で認証要件を満たすことが判明した。「次世代育成支援」は開講している認証対象科目が14科目しかなく、そのうち10科目を履修しなければならないので、あまり選択の余地がない。認証対象科目のうち、心理と教育コースの専門科目が4科目あるが、既に「スクールカウンセリング(’10)」は履修しているので、残りは3科目。うち、「乳幼児・児童の心理臨床(’11)」は「リスク社会のライフデザイン(’14)」と試験日程が重なっている。必然的に履修可能な科目は「心理カウンセリング序説(’09)」と「思春期・青年期の心理臨床(’13)」に限定される。いずれも1月29日(木)が試験日だ。

 1月29日(木)の単位認定試験時間割を眺めていると、2時限の「思春期・青年期の心理臨床(’13)」、3時限の「心理カウンセリング(’11)」に続いて、4時限に「生物界の変遷(’11)」、6時限に「植物の科学(’09)」と比較的取り組みやすい自然と環境コースの専門科目が控えている。1月29日(木)に受験ができれば、「次世代育成支援」の認証と自然と環境コースを4単位稼ぐことができる。ぎりぎりまで悩んだものの、数少ない受験のチャンスを逃すわけにはいかないので、思い切って履修登録した。平日に5科目の受験を試みるは異例中の異例である。

 今期の履修は5科目で留めておこうかとも考えたが、2月1日(日)の6時限に「障害のある生活を支援する(’13)」の1科目を受験するために、学習センターへ足を運ばなければならないのはもったいない。時間割を確認すると、4時限にオアシス科目として有名な「西洋音楽史(’13)」があるので履修を決定。7時限には、まったく履修をしていない情報コースの中でも取り組みやすい「メディアと学校教育(’13)」があったのでこちらも登録。結局、今学期も8科目16単位の履修となった。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 放送大学から成績通知書と単位修得状況一覧が届いた。本来であれば、8月20日に発送されるはずであったが、直前になって8月22日に変更された。システムWAKABAでの結果発表は、8月20日のまま変更されなかったので原因は不明である。改めて通知書を眺めていたところで成績が良くなるわけでもないので、クリアファイルに綴じておしまい。むしろ、そろそろ第2学期の履修科目を決めなければなるまい。履修登録の締め切りは8月31日である。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 2014年度第1学期単位認定試験の受験票が届いた。例年はキャンパスプラザ4階・5階の講義室が指定されるのだが、今回は8月2日の「博物館経営論(’13)」が2階ホール、8月3日の「日本の文学物語(’13)」はキャンパスプラザ3階の京都学習センター講義室、「和歌文学の世界(’14)」が京都学習センター会議室とバラエティーに富んでいる。受験生が多いので別室をあてがわれたのであろうが、会場を間違えないように気を付けなければなるまい。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
卯月
性別:
男性
自己紹介:
自然と環境コース在籍
京都学習センター所属

2013年9月
社会と産業コース卒業

2015年9月
生活と福祉コース卒業

2017年9月
人間と文化コース卒業

リンク
ブログ内検索
広 告
最新コメント
[09/25 岸野誠]
[03/06 NONAME]
[02/29 美波ゆりこ]
[02/17 NONAME]
[11/24 NONAME]
[09/14 hisa]
[09/13 Wahine]
[09/12 P]
[03/11 greenwind888]
[02/28 みみずく]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright © 放送大学物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]