忍者ブログ
大学を2度中退した脱落者が放送大学の名誉学生を目指す物語          2013年9月 社会と産業コース卒業          2015年9月 生活と福祉コース卒業          2017年9月 人間と文化コース卒業
   
 今学期最後の試験は、「映像メディアとCGの基礎(’12)」である。初心者でも取り組みやすい情報コースの専門科目であるが、この科目も今回履修することによって、将来情報コースに在籍する際の禍根となる。「映像メディアとCGの基礎(’12)」自体は今年度で閉講となるが、後継科目となる「CGと画像合成の基礎(’16)」が履修制限の対象となるからだ。この科目も将来を見据えて情報コースの単位を積み上げるために履修したものであった。単位は不要なので学費を返せと言いたい学生は私だけではないであろう。

 さて
、「映像メディアとCGの基礎(’12)」の前半は撮影に関する講義で、大変興味深い内容であったが改めてカメラワークや編集の難しさを認識させられるものであった。後半は、CGについての講義であるが、やはり初心者には荷が重い。それでも、過去問対策から印刷教材の読み込みを続けた結果、今回の単位認定試験では、過去問からの出題ばかりで試験開始早々に合格を確信する。閉講科目というものは、概ね過去問からの寄せ集め問題が出題される傾向が高い。後継科目を任されていれば、そちらの準備に手をとられ、試験問題の作成に時間を割けなくなる。後継科目がなければ、担当講師の熱意が薄れ、試験問題の作成にも熱が入らないということであろうか。いずれにしても、モチベーションが上がらない状態での受験であったが、今学期の試験は無事に終えることができた。

通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

PR
 
  
 平成27年度第1学期最初の試験は、「情報機器用者の調査法(’12)」となる。もともとは、人間と文化コースの専門科目として開講したが、平成25年度に情報コースの新設に伴い、情報コースの専門科目に読み替えが行われた経過がある。それゆえ、情報コースの専門科目としては、比較的取り組みやすい科目であり、文系人間が情報コースの単位を稼ぐのであれば外せない科目である。しかし、この科目は、本年度での閉講が既に発表されている。

 「情報機器利用者」という修飾語が付いているものの、内容はいわゆる社会調査法と呼ばれるものであり、敷居はそれほど高くはない。心理学的な要素も加味された科目である。ところが、この科目の受験者は、京都学習センターでも5名という不人気ぶりでは、閉講もやむを得ないか。

 出題は、択一式で15問と例年通りの傾向。過去問からの出題もあり、改めて過去問対策の重要性を認識する。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

   
 これまで手付かずとなっていた情報コースの専門科目であったが、生活と福祉コースの卒業が視野に入ってきたこともあり、ようやく取り組む余裕が出てきた。最初から技術的要素の大きなバリバリの専門科目を履修してしまうと、玉砕するのは明白であるため、まずは情報の要素が乏しい周辺科目から攻めていく。最初のターゲットは本日7時限目の「メディアと学校教育(’13)」である。

 基本的に情報の専門科目というよりは、教育の場面でどのようにICTが活用されているかといった側面を学ぶ科目である。学習指導要領の規定や高等教育でのICTの活用事例、障害者に対するアシスティブ・テクノロジー、著作権と個人的には非常に興味が持てる内容であった。

 ただし、試験問題はなかなか悩ましい出題がされている。過去問を分析すると、放送大学の単位修得試験では珍しい選択式の穴埋め問題はともかく、著作権の詳細な内容や画像のファイルフォーマット、eラーニング運用を支援する職務など、詳細な知識も問われている。事前に著作権の範囲の印刷教材を読み直し、混乱しやすい画像のファイルフォーマットやeラーニング運用を支援する職務などを試験開始ギリギリまで確認していた。

 試験問題を確認すると、eラーニング運用を支援する職務が出題されていたので、してやったりと思ったのは束の間、印刷教材とは異なる表現で正誤の判断に悩む羽目となった。問10の①で、「eラーニング運用を支援する職務の一つのラーニングプロデューサとは、学習管理システムの管理運営を支援する職務である。」とあり、印刷教材におけるラーニングシステムプロデューサの職務内容は、「全般の運営に対する責務を担い、プロジェクト管理を行う。」とあったので、機械的に判断すれば誤りということになる。しかし、「学習管理システムの管理運営を支援する職務」と解釈することも可能ではないだろうかと思えてくるのである。結局、その他の選択肢を吟味して判断せざるを得なくなった。

 全体的には、放送教材や印刷教材も興味を持てるもので、しっかり学習しておけば単位を落とすようなことはないであろう。


 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
卯月
性別:
男性
自己紹介:
自然と環境コース在籍
京都学習センター所属

2013年9月
社会と産業コース卒業

2015年9月
生活と福祉コース卒業

2017年9月
人間と文化コース卒業

リンク
ブログ内検索
広 告
最新コメント
[09/25 岸野誠]
[03/06 NONAME]
[02/29 美波ゆりこ]
[02/17 NONAME]
[11/24 NONAME]
[09/14 hisa]
[09/13 Wahine]
[09/12 P]
[03/11 greenwind888]
[02/28 みみずく]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright © 放送大学物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]