忍者ブログ
大学を2度中退した脱落者が放送大学の名誉学生を目指す物語          2013年9月 社会と産業コース卒業          2015年9月 生活と福祉コース卒業          2017年9月 人間と文化コース卒業
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

 本日から平成27年度第1学期の科目登録申請が開始されたが、放送大学の学生間では裏技の解禁日と認識されている。

 「裏技」とは、成績発表前に履修情報を確認する方法で、具体的には、WAKABAから1学期の科目登録をするときに2学期に履修した科目を登録申請するという手法だ。当然のことながら、エラー表示がなされるのだが、このエラー表示が合格科目と不合格科目とで異なるというのだ。すなわち、「履修済みの放送科目は申請できません。」と出ると、合格している。一方、「履修中の放送科目は申請できません。」ならば不合格であるという。

 まずは、気になる自然と環境コースの専門科目である「生物界の変遷(’11)」と「植物の科学(’15)」の履修登録を試してみる。画面に異なるエラーメッセージが表示されたので、一瞬、どちらかの科目を落としたのかとドキリとしたが、よくよくエラーメッセージを確認すると、「生物界の変遷(’11)」は、「履修済みの放送科目は申請できません。」という定番のエラーメッセージ。もう一方の「植物の科学(’15)」は、「履修済みの放送科目の改訂後の科目は申請できません。」というものであった。「植物の科学(’09)」は、本年度で閉講となるため、本来であれば裏技による合否確認はできない。しかし、後継科目の「植物の科学(’15)」は、「植物の科学(’09)」の履修済み学生に履修を認めていないため、裏技が可能となっている。エラーメッセージが異なるのも、改訂後の科目である「植物の科学(’15)」の履修登録を行ったことによる影響に過ぎなかった。

 今回も裏技で確認する限りは、不合格となった科目は存在しないようなので安心する。もっとも、評価は散々な気もするが、こればかりは、正式な成績発表日である2月18日を待たねばならない。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

PR

 京都学習センターの発行する機関誌「ゆりかもめ」が届いた。京都学習センターでは、4月、7月、10月、1月の年4回「ゆりかもめ」を発行しており、今回で第84号となる。単位認定試験や京都学習センターで開始される定期講座や特別講義の案内が中心となる。定期講座や特別講義は、単位とは直接関係がないうえ、平日の昼間に開催されることが多いため、私は1度も出席したことはないが、時間を持て余しているシニア層には人気の講座であると聞いたことがある。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]


 放送大学から「2014年度学生による授業評価」の依頼があった。新設科目を履修している学生に対して無作為抽出によって依頼を行っているとのこと。今学期は、「和歌文学の世界(’14)」と「アジアの社会福祉と国際協力(’14)」が新設科目であるが、授業評価の依頼があったのは、「アジアの社会福祉と国際協力(’14)」のみであった。締切期日は9月30日までとなっている。


 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 本日から平成26年度第2学期の科目登録申請が開始されたが、放送大学の学生間では裏技の解禁日と認識されている。「裏技」とは、成績発表前に履修情報を確認する方法で、具体的には、WAKABAから2学期の科目登録をするときに1学期に履修した科目を登録申請するという手法だ。当然のことながら、エラー表示がなされるのだが、このエラー表示が合格科目と不合格科目とで異なるというのだ。すなわち、「履修済みの放送科目は申請できません。」と出ると、合格している。一方、「履修中の放送科目は申請できません。」ならば不合格であるという。

 裏技で履修状況を確認してみると、今回履修した8科目のすべてにおいて、無事に、「履修済みの放送科目は申請できません。」との表示が出た。とりあえず、すべて合格のようなので安心する。正式な成績発表は8月20日の予定である。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]


 キャンパスネットワークのホームページが本日からリニューアルされた。明らかにタブレット端末を意識した仕様となっているが、従来型のパソコンを利用している身としてはあまり使い勝手がよろしくない。一度に画面に表示される情報が極端に少なくなってしまうからだ。しかも、放送授業を視聴するためにはどこにアクセスしたら良いのかまったくわからない。履修科目名が表示されていたのでクリックしてみたのだが、肝心な放送授業へはリンクされていないようだ。マニュアルを確認して、ようやく「資料室」からアクセスすることが判明した。慣れるまでは混乱する学生も多いのではないか。


 通信大学生ブログランキング

拍手[1回]

 

 放送大学の講義を受講してると、実際に訪問してみたくなる場所が多々出てくる。学位記授与式に出席したついでに、「都市社会の社会学(’12)」第10講で取り上げられたもんじゃの街である月島に立ち寄ってみた。

 月島駅7番出口がもんじゃストリートと呼ばれる西仲通り商店街が続いている。その手前には、月島もんじゃ振興会共同組合の事務所が構えていた。事務所には、月島みやげと称して、持ち帰り用の「月島もんじゃ焼」や「月島もんじゃTシャツ」、「もんじゃはがし携帯ストラップ」なども販売されており、観光客で賑わっていた。1,000円で1,100円分使えるお食事券の販売も行っていたが、すべての店舗で使えるわけではなく、月島もんじゃ振興会共同組合の加盟店限定なので注意が必要だ。

 もんじゃストリートに面した店舗の多くは、まだ夕方だというのに観光客で賑わっている。3連休の影響もあるのだろう。ただし、もんじゃストリートから路地に入ったところにも店舗が点在しており、こちらはもんじゃストリートの賑わいとは無縁の静かな店舗も多い。

 どこの店舗でもよかったのが、いろいろなもんじゃを試してみたかったので、今回は90分1,500円で食べ放題となる「もんじゃまんまる」に入ってみた。店内は卒業式を終えたばかりの中学生で賑わっていたが、まだお客の入りが少ない2階に案内される。こどももんじゃなら、キャベツぐらいしか具が入っていないのだろうが、シンプルなもんじゃのメニューが見当たらなかったので、手始めにベビースターもんじゃを注文してみる。駄菓子の定番のようなベビースターが入った具が運ばれてきて、それこそ子どものおやつのような代物だ。ベビースターは、サクサク感があるものを期待したが、もんじゃを焼いている最中に次第にふやけてしまう。後乗せにした方がおいしいかもしれない。その後、豚キムチや牛肉、いかなどが入ったジャン、明太子チーズなど、定番のおとなもんじゃを試し、最後はカルボナーラ焼きそばという変わり種もんじゃで締める。

 ホテルニューオータニの立食パーティの後だけに、もんじゃの味を楽しむ余裕に乏しかったのは残念であるが、月島のローカル文化に触れることができたので満足した。


 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 一般財団法人法会放送大学教育振興会から「2014放送大学テキスト図書目録」が送付されてきた。放送大学の印刷教材は、受講料に含まれているので、敢えて注文する必要はないが、この図書目録はなかなか重宝している。

 まずは、授業が基礎科目や専門科目という分類ではなく、人文系(教育、心理・発達、哲学・思想・宗教、文学・日本語・言語文化、歴史・地理・文化・芸術)、社会系(生活・健康・福祉、法律、政治、社会、経済・経営、産業・技術、情報)、自然系(数学、物質・物理科学、生物科学、宇宙地球科学)、外国語(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、アラビア語、中国語、韓国語)という具合に体系別に科目が整理されているので、履修科目を検討する際の参考になる。

 次に、印刷教材の概要や頁数が記載されているため、科目の概要やボリュームを把握することが可能になる。

 さらに、刊行予定図書を確認することにより、来年度の新設科目をいち早く把握することが可能になる。例えば、「道徳教育の方法」というテキストの新刊が予定されているので、現在の「道徳教育論」は今学期で閉講になるのではないかと察しが付く。興味ある科目が閉講になりそうであれば、2学期に優先的に履修するという選択の余地も出てくるのだ。

 通信大学生ブログランキング

拍手[1回]



 本日から平成26年度1学期の科目登録申請が開始されたが、放送大学の学生間では裏技の解禁日と認識されている。「裏技」とは、成績発表前に履修情報を確認する方法で、具体的には、WAKABAから1学期の科目登録をするときに2学期に履修した科目を登録申請するという手法だ。当然のことながら、エラー表示がなされるのだが、このエラー表示が合格科目と不合格科目とで異なるというのだ。すなわち、「履修済みの放送科目は申請できません。」と出ると、合格している。一方、「履修中の放送科目は申請できません。」ならば不合格であるという。

 ところが、この「裏技」が今回からできなくなったという噂が広まった。何でも岡部学長のツイッター上で、裏技で合格を確認した後、正式な成績発表で不合格になっていたら、不利益変更として大学を訴えるといった趣旨の主張をした学生がいたことに起因して、岡部学長が裏技をできないように検討するとつぶやいたことが発端らしい。裏技はあくまでもシステム作業上のタイムラグを利用したものであり、大学側が正式な成績発表をしていない以上、訴えると騒ぐ学生の主張がおかしいことは明白であるが、このようなクレーマーまがいの輩が出てくると規制が厳しくなるのが世の常。裏技も規制されるのではとの憶測が広がったのだが、結果的に今回は無事に裏技解禁となった。

 さて、裏技で履修状況を確認してみると、今回履修した8科目中、平成26年度も引き続き開講される5科目については、無事に、「履修済みの放送科目は申請できません。」との表示が出た。閉講してしまう3科目については、裏技対象外と思っていたのだが、新設科目に履修制限のある2科目については、「履修済みの放送科目の改訂後の科目は申請できません。」との表示が現れ、無事に合格を確認することができた。後継科目に履修制限のない「和歌と心の情景(’10)」だけは、履修状況を確認することはできなかったが、まあ、落ちていることはないだろうから、すべて合格と考えて良さそうだ。正式な成績発表は2月19日の予定である。

 通信大学生ブログランキング

拍手[0回]

 キャンパス・ネットワークで「道徳教育論(’09)」の放送授業を受講していたところ、突然、放送授業が再生されなくなった。Windows Media Playerを再インストールしても再生できない。後で知ったのだが、システム停止の案内がお知らせに掲載されていた。配電設備の保守点検などは、学期の合間に実施してもらいたい。

放送大学システム停止のお知らせ

 放送大学内の配電設備の保守点検に伴い、以下の日時において 放送大学の全てのサービスが停止いたします。
【主な停止するサービス】
 ・放送大学ホームページ
 ・
キャンパスネットワークホームページ
 ・
システムWAKABA
 ・
メールシステム(Gmailを含む)
 ・
図書情報システム
 ・
OCW
 ・
UPO-NETシステム
【サービス停止日時】
 ・
12月2日(月)23:00~12月3日(火)7:00

拍手[0回]


 京都学習センターから学位記授与式で撮影した記念写真が送られてきた。集合写真が1枚とセンター長から学位記を手渡されているときの写真が1枚だ。カラープリンターを利用しているのか、写真の画質が少々劣っているのが難点だが、卒業生に対する京都学習センターのサービスなので注文は付けられない。本来であれば、学位記授与式に参加した自分の写真は1枚も手元に残らないはずだったので。

 送られてきた写真を授与された学位記に挟み込んで保管しておく。既に新学期が始まっており、いつまでも卒業生気分に浸ってはいられない。既に生活と福祉コースの授業が始まっているのだから。

拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
卯月
性別:
男性
自己紹介:
自然と環境コース在籍
京都学習センター所属

2013年9月
社会と産業コース卒業

2015年9月
生活と福祉コース卒業

2017年9月
人間と文化コース卒業

リンク
ブログ内検索
広 告
最新コメント
[09/25 岸野誠]
[03/06 NONAME]
[02/29 美波ゆりこ]
[02/17 NONAME]
[11/24 NONAME]
[09/14 hisa]
[09/13 Wahine]
[09/12 P]
[03/11 greenwind888]
[02/28 みみずく]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright © 放送大学物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]