忍者ブログ
大学を2度中退した脱落者が放送大学の名誉学生を目指す物語          2013年9月 社会と産業コース卒業          2015年9月 生活と福祉コース卒業          2017年9月 人間と文化コース卒業
[264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254
 本日9時から平成28年度第1学期の履修登録申請が始まった。しかし、多くの放送大学生にとっては、平成27年度第2学期の裏技解禁日として認識されている。

 毎回同じ説明になってしまうのだが、知らない方のためにあえて説明を繰り返す。「裏技」とは、成績発表前に履修科目の合否を確認する方法である。具体的には、WAKABAから1学期の科目登録をするときに、2学期に履修した科目をわざと登録申請するという手法だ。当然のことながら、エラーメッセージがなされるのだが、このエラーメッセージの内容が合格科目と不合格科目とで異なるというのだ。すなわち、「履修済みの放送科目は申請できません。」ならば合格、「履修中の放送科目は申請できません。」ならば不合格という具合である。



 まずは、現在の所属している心理と教育コースの専門科目である「児童・生徒指導の理論と実践(’11)」及び「心理学研究法(’14)」の履修登録を試してみる。
「履修済みの放送科目は申請できません。」という定番のエラーメッセージが表示され、無事に単位は修得できたようだ。



 次に、自然と環境コースの専門科目である「数学の歴史(’13)」の履修登録を試してみる。こちらも。「履修済みの放送科目は申請できません。」という定番のエラーメッセージが表示され、無事に単位は修得できたようだ。



 情報コースの専門科目である「映像メディアとCGの基礎(’12)」は、今学期で閉講するため、本来であれば裏技は適用できない。なぜなら、裏技は次学期の履修登録を通じて合否を確認する手段であるため、次学期に開講されない科目には原則適用できないのである。しかしながら、「映像メディアとCGの基礎(’12)」については、次学期から開講する「CGと画像合成の基礎(’16)」に映像メディアとCGの基礎(’12)」の履修者に対する履修制限があるため、この科目を履修登録することによって裏技を使うことができる。試しに履修登録を申請してみると、「履修済みの放送科目の改訂後の科目は申請できません。」とのエラーメッセージが表示された。

 平成27年度第2学期には「博物館展示論(’12)」も履修しているのであるが、こちらも今学期で閉講する科目である。次学期からは同じ科目名の「博物館展示論(’16)」が開講するのであるが、担当講師が交替し、履修制限がないため、裏技は使えない。ただし、「博物館展示論(’12)」に関しては、万が一にも不合格の可能性はないので、裏技でわざわざ合否を確認する必要性すらない。モチベーションの低い状態での受験であったが、まずは5科目10単位は無事に履修できたということであろう。


通信大学生ブログランキング

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
卯月
性別:
男性
自己紹介:
自然と環境コース在籍
京都学習センター所属

2013年9月
社会と産業コース卒業

2015年9月
生活と福祉コース卒業

2017年9月
人間と文化コース卒業

リンク
ブログ内検索
広 告
最新コメント
[09/25 岸野誠]
[03/06 NONAME]
[02/29 美波ゆりこ]
[02/17 NONAME]
[11/24 NONAME]
[09/14 hisa]
[09/13 Wahine]
[09/12 P]
[03/11 greenwind888]
[02/28 みみずく]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright © 放送大学物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]