忍者ブログ
大学を2度中退した脱落者が放送大学の名誉学生を目指す物語          2013年9月 社会と産業コース卒業          2015年9月 生活と福祉コース卒業          2017年9月 人間と文化コース卒業
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
 2012年度第2学期の成績を確認したところで、2013年度第1学期の履修登録を行う。相変わらず社会人に配慮していない試験日程で、わざわざ試験期間中に土曜日が2回含まれているにもかかわらず、7月27日(土)は休校日になっている。土曜日に2回試験を行ってくれていれば、履修できる科目が増えたのに残念である。

 今回の日程では7月28日(日)と8月3日(土)が受験可能な日程である。専門科目以外の単位はすべて揃っているので、履修科目は専門科目からの選択となる。社会と産業コースの専門科目が2単位不足しているため、候補としては7月28日(日)の5時限目の「民法('13)」と、8月3日(土)の3時限目の「企業・消費者・政府と法('11)」となる。どちらも興味のある科目であるが、絶対に落とせない科目としては、前日に対策を講じることのできる「民法('13)」が取り組みやすい。仮にも法学部出身で民法は落とせないとの自負もある。

 名誉学生を目指すのであれば、他コースの専門科目もできる限り稼いでおきたい。鬼門となるのは開講科目の少ない自然と環境コースであるが、4時限目には、持ち込みが可能で平均点が80点を超えている「分子の科学('10)」が設定されており、これを履修しておかない手はない。

 また、現段階では、生活と福祉コースの専門科目が6単位履修済みとなっているため、次の入学候補は生活と福祉コースが有力である。生活と福祉コースの専門科目を調べてみると、6時限目に「在宅看護論('11)」がある。持ち込み可能で平均点が90点以上となかなかのオアシス科目だ。

 生活と福祉コース関連では3時限目に「子どもの生活と児童福祉('11)」も履修しておく。過去に児童福祉関係の仕事をしていたので多少の知識はあるので、取り組みやすいと感じたからである。

 1日4科目が妥当な科目数と考えるので、7月28日(日)の履修科目は上記の4科目とすることにした。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
卯月
性別:
男性
自己紹介:
人間と文化コース在籍
京都学習センター所属

2013年9月
社会と産業コース卒業

2015年9月
生活と福祉コース卒業

2017年9月
人間と文化コース卒業

リンク
ブログ内検索
広 告
最新コメント
[09/25 岸野誠]
[03/06 NONAME]
[02/29 美波ゆりこ]
[02/17 NONAME]
[11/24 NONAME]
[09/14 hisa]
[09/13 Wahine]
[09/12 P]
[03/11 greenwind888]
[02/28 みみずく]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
Copyright © 放送大学物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]